予約受付中!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット
デッキレシピ

《ミラクルツイン発売後》ルガゾロ(ルガルガンGX/ゾロアークGX)/ペルシアンGXデッキ《ジムバトル優勝》

今回はフルコンプ吉祥寺店ジムバトルで優勝をしたルガゾロ(ルガルガンGX/ゾロアークGX)/ペルシアンGXのデッキレシピと、優勝デッキを分析した感想をご紹介をしようと思います。

ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。

  • デッキのレシピを知りたい
  • 主要カードの解説
  • 関連デッキは?

この記事で全て解決!

《2019年版》最新!環境トップデッキレシピ!!

ルガゾロ(ルガルガンGX/ゾロアークGX)/ペルシアンGX



ゾロアーク4-3

ルガゾロデッキと言えば、「ゾロアークGX」の特性「とりひき」で手札を充実させ使いたいカードを引きに行くので、4-4のラインで入れている場合が多いのですが、今回のデッキは4-3になっています。
実際に4-3で回してみても「ゾロアークGX」が来なくて困るような事故はそれほど起きなかったので、「ゾロアークGX」は3枚でもいいのかもしれません。

ルガルガンGX2-2


環境でちらほら見るこののある、「マニューラGX」や、「ブラッキー&ダークライGX」、「ピカチュウ&ゼクロムGX」など闘弱点のポケモンによく刺さります。
ワンパンをできそうなタイミングを見計らって、「ルガルガンGX」の特性「ブラッティアイ」でベンチから引っ張ってくるといいですね★

1-1だと、どちらか一方がサイドに落ちてしまった時に悲しいので、2-2入っていると安心できます。

ペルシアンGX 1-1


このデッキのメインアタッカーが、「ゾロアークGX」「ルガルガンGX」、たまに「カプ・テテフGX」というように、全員GXポケモンなので、それらのポケモンがきぜつしたタイミングで、「ペルシアンGX」の特性「キャットウォーク」を使い、山札から好きなカードを2枚手札に加えることにより、一発逆転が狙えます。

また、ゾロアークの特性「とりひき」などで、使用しないポケモンをトラッシュに送り「ふくしゅう」の打点をあげることもできます。
「こだわりハチマキ」をつけていると、最大220ダメージまで与えることができるので、「ゾロアークGX」「ライオットビート」で届かないポケモンも一撃できぜつさせることができます。

後半に使うと便利なワザなので、「トリプル加速エネルギー」の管理はしっかりしておきたいです。

カプ・テテフGX 2


1枚ではサイドに落ちている時に悲しくなってしまうので、2枚。
「プレシャスボール」の登場で、最初のターンに「ウツギ博士のレクチャー」にアクセスしやすくなりました。

最初のターン、手札にドロサポがなかったり、アクセスできそうもない時に「ウツギ博士のレクチャー」を使うと次のターンから止まってしまうので、そのような時はドロサポを持ってくることをオススメします。

ミュウツー&ミュウGX 1


「ゾロアークGX」「ルガルガンGX」よりも高いHPでありながら、これらのポケモンのワザを特性「パーフェクション」で撃つことが出来ます。
特に相手が闘タイプのポケモンの時は「ゾロアークGX」の弱点なので、「ミュウツー&ミュウGX」を積極的に使っていきたいです。

もしも、相手が「ミュウツー&ミュウGX」を使っている場合は、相手の「ミュウツー&ミュウGX」を一撃できぜつさせられるまで、場には出さすに手札に握っておきましょう。
早めに出して準備してしまうと、逆に弱点を突かれてこちら側の「ミュウツー&ミュウGX」がきぜつしてしまうかもしれません!!
そんな状況は避けましょうね★★

ヤドキング 1


環境に多い「レシリザ」対策。
レシリザにエネルギーが4枚付いていたら、一撃できぜつさせることができます。

ククイ博士 1


「ゾロアークGX」「こだわりハチマキ」をつけて、場をフル展開させていても、相手の「カプ・テテフGX」などのHP160以上のGXポケモンを一撃できぜつさせることができません。
しかし、「ククイ博士」を使い+20ダメージを与えることにより、「デデンネGX」や「カプ・テテフGX」も一撃できぜつさせることができるようになります。
1枚は入っていると便利なカードですね♪

ウツギ博士のレクチャー 1


安定を望むなら2枚は欲しいカード。
今回のデッキは強気の1枚。
「ウツギ博士のレクチャー」がサイドにお散歩中の場合は、「デデンネGX」からのドロサポへのアクセスを狙い場を展開させていきましょう♪

ボール三種

プレシャスボール 4


最初のターンは、「カプ・テテフGX」から「ウツギ博士のレクチャー」や、「デデンネGX」を手札に加えて、場を展開するのにとても役立ちます。
また、「ゾロアークGX」や、「ルガルガンGX」「ペルシアンGX」も手札に加えることができるので、このデッキにはとても相性の良いボールなので4枚採用しています。

ネストボール/ハイパーボール 2-2

3枚ずつ入っていると、より事故を防げるかもしれませんが、とりひきで切ることが多いので、2枚ずつで良いと思われます。
2枚ずつにすることにより、2枚分のカード枠が空くので別の効果的なカードを採用できることができますね★

優勝デッキを分析した感想

ラムパルドにカミツルギの入っている、完全にルガゾロ対策!!というようなデッキに勝つのは難しいですが、環境に多いレシリザや、カラマネロで展開してくるデッキにも勝つことはできるでしょう。

そして、結構回しやすいデッキなのでこれからルガゾロデッキで遊びたい人にはオススメの構築です★

是非試してみてくださいね♪

\このデッキを簡単に編集できるよ!/

関連デッキレシピ一覧


この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

7月10日発売「伝説の鼓動」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット