予約受付中!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット
デッキレシピ

【ジムバトル優勝デッキ】三神ジュナイパーデッキレシピ 【ポケカ】

今回ポケカードラボでは、TCG/ボードゲームCafe&Bar スターダストのジムバトルで優勝をした三神ジュナイパーのデッキレシピと、優勝デッキを分析した感想をご紹介しようと思います。

ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。

  • デッキのレシピを知りたい
  • 主要カードの解説
  • 関連デッキは?

この記事で全て解決!

三神ジュナイパーデッキ

三神ジュナイパーデッキレシピ

デッキのポイント

1:《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》「オルタージェネシスGX」を素早く撃って、追加効果まではたらかせておく。

2:さらに「アルティメットレイ」で相手にダメージを与えつつ、ベンチのポケモンにエネ加速。

3:ポケモンV・ポケモンVMAX・ポケモンGXに対しては《ジュナイパー》で攻めていく。

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》と『ムゲンゾーン』で登場した《ジュナイパー》の、いわゆる三神ジュナイパーという組み合わせです。

《ジュナイパー》が発表された段階から相当注目されていたデッキなのですが、いよいよジムバトルでも優勝してきました!

ここからは、いくつかのカードをピックアップして、デッキの分析していきます。

採用ポケモンの特徴

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX 2

おそらく真っ先に「オルタージェネシスGX」→「アルティメットレイ」とワザをつなげていきたいポケモンです。

GXワザによってダメージ量だけでなくサイドを取る枚数も増えるので、非V・GXでも2枚、ポケモンVMAXを倒すと4枚もサイドを取ることができます。

今の環境でフェアリータイプがいないというのも追い風なのですが、今回の構築では《ジュナイパー》を強化してあげる役割も強そうです。

ジュナイパー 4-0-3

非V・GXでありワザ「スプリットアロー」のダメージ量もそこまで多くないのですが、特性「みつりんめいさい」がとにかく強い!

ポケモンV・ポケモンVMAX・ポケモンGXから一切ダメージを受けないので、今の環境で上位にいる《ピカチュウ&ゼクロムGX》《ムゲンダイナVMAX》《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》《ハッサムVMAX》などをこの《ジュナイパー》1匹だけで止めることができます

2進化なぶん盤面に立てるには少し時間がかかりますが、《ふしぎなアメ》4枚、そして《ターフスタジアム》《しんかのおこう》《ジュナイパー》を手札に持ってきやすいカードも採用されているので、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》が攻めている間に素早くベンチで進化させておきたいですね。

採用グッズの特徴

カスタムキャッチャー 4

今の環境では、相手ベンチをバトル場に引っ張り出すには《ボスの指令》を採用していることが多いのですが、おそらく今回の構築の場合、

・1ターンに1回しか使えないサポートを《ボスの指令》に割きたくない。
・《ブルーの探索》から簡単に《カスタムキャッチャー》2枚を持ってこれる。

ここらへんの理由から《カスタムキャッチャー》を採用したのだと思います。

カウンターゲイン 1

サイド状況によってこのポケモンのどうぐをうまく発動させることで、無色エネルギー1個ぶん少なくワザが撃てます。

特に《ジュナイパー》が1エネでワザを撃てる点がいいですね。

エネルギー転送 2

《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》に草エネしか貼れないという状況は好ましくないので、それを避けられるようにこのグッズを2枚採用したのだと思います。

タッグコール 1

《クイックボール》以外でも《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を持ってくることができるので、実質5枚目のボールと言えます。

また、1枚ずつしかない《シロナ&カトレア》《マオ&スイレン》も持ってこれるので、対戦の状況によって持ってくるカードを選択できる便利な1枚です。

採用サポートの特徴

ブルーの探索

このデッキは特性持ちのポケモンが何匹かいるので、一見相性が良くないように思えますが、《ジュナイパー》を立てるための序盤で使うのには非常に役立つサポートです。

これで《ふしぎなアメ》+《ターフスタジアム》などの組み合わせで持ってくるだけで、《ジュナイパー》への進化が確定します。

ただし、先に《デデンネGX》《バイウールーV》《ザシアンV》が場に出てしまっていた場合にはもちろんこのカードは使えないので、その点は注意が必要ですね。

エリカのおもてなし

相手の場のポケモンの数ぶんドローができるカードです。

《ムゲンダイナVMAX》が登場したことで採用する選手が徐々に増えている印象があります。

仮に相手の《ムゲンダイナVMAX》デッキがフル展開していたら、9枚もドローできることになるので、そこから一気に展開していけそうです。

関連デッキレシピ一覧


この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

7月10日発売「伝説の鼓動」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット