予約受付中!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット
カード考察

【詰めポケカ】ミカルゲ/ナゲキデッキ!1ターン詰め【ポケカ】

今回ポケカードラボでは、《ミカルゲ》《ナゲキ》を使った詰めポケカを紹介していこうと思います。


ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。

  • デッキの使い方を知りたい
  • 主要カードの解説
  • 関連デッキは?

この記事で全て解決!

詰めポケカとは?

元々は『詰将棋』から名前を取っています。

詰将棋というのは、駒が配置された将棋の局面から王手の連続で相手の玉将を詰めるパズルで、指し将棋の終盤力を磨くための練習問題として位置づけられているものです(wikipedia参照)

ようするに、すでに決められた盤面・駒の配置から相手を詰ませて勝つ方法を見つけるパズルということですね。

『詰めポケカ』というのはそこからちょっと勝手に派生させて、

【決められた盤面・手札・山札・トラッシュから、確実に勝利になるプレイングを見つけるゲーム】

という感じで覚えて頂ければ誤解はないかと思います♪

盤面をチェック!

盤面

最初の盤面はこのようになっています。

相手のバトル場には《ピカチュウ&ゼクロムGX》

そしてこちらのバトル場には《ミカルゲ》、ベンチには《ルージュラ》がいます。

ではこの番で、相手のピカゼクを倒してサイドを取り切って下さい。

キーカード

今回のキーカードは《スパイクタウン》《回収ネット》となります。

回答!

それではここからはこの盤面の回答となります。

回収ネットでルージュラを回収する!

まずは《回収ネット》を使って《ルージュラ》を回収します。

そうすると本来トラッシュされるはずの《Uターンボード》がカードの効果で手札に戻るので、それをバトル場の《ミカルゲ》につけてあげましょう。

ここで《ハッスルベルト》を貼って攻撃しようとすると詰めポケカが失敗してしまうので気を付けてください。

また、回収した《ルージュラ》はふたたびベンチに出しておきましょう。

盤面

博士の研究で山札を引ききって、ナゲキの攻撃準備をする!

次に《博士の研究》で山札を引き切りましょう。

そして《ナゲキ》《ミカルゲ》を場に出して、《ナゲキ》《くろおび》《ユニットエネルギー闘悪妖》をつけます。

そうです。今回はこの《ナゲキ》でピカゼクを倒すルートを取っていきます。

盤面

ミカルゲをワザときぜつさせる!

ここでちょっと特殊な動きをしていきます。

まず、バトル場の《ミカルゲ》を逃がして《ナゲキ》をバトル場に出します。

すると《スパイクタウン》の効果が働くので、《ミカルゲ》にダメカンが4個。

《ミカルゲ》自身の特性「うらみだめ」でダメカン5個。

そしてもう1匹の《ミカルゲ》の特性と《ルージュラ》の特性を組み合わせて、《ミカルゲ》にダメカンを6個乗せてきぜつさせてしまいましょう。

ここは単にきぜつさせたいだけでなく、これによってこちらの方がサイドが多くなるので、《くろおび》を発動させるための動きです!

盤面

ミカルゲにダメカンをもう1度乗せて、ナゲキで攻撃!

後は《回収ネット》《ミカルゲ》を回収してもう一度ベンチに。

そうすると特性ももう一度使えるのでそれでダメカンを乗せて、《ナゲキ》「ぎゃくぜおい」で120ダメージ。相手はピカゼクなので弱点で240ダメージ。

これできれいにピカゼクを倒してサイドを取り切ることができました♪

盤面

関連デッキレシピ一覧


この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

7月10日発売「伝説の鼓動」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット