予約受付中!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 一撃マスター(2021年1月22日発売予定)
ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 連撃マスター(2021年1月22日発売予定)
デッキレシピ

【連撃マスター】新デッキ!コジョンド/リーリエのピッピ人形デッキレシピ 【ポケカ】


今回ポケカードラボでは、拡張パック『連撃マスター』に収録されている《コジョンド》《れんげきエネルギー》を使った、コジョンド/リーリエのピッピ人形のデッキレシピをご紹介しようと思います。

ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。

コジョンド/リーリエのピッピ人形デッキ

デッキレシピ

※《コジョフー》はまだ発表されていないので、以前のカードを代用しています。

コジョンド/リーリエのピッピ人形デッキの戦い方

《コジョンド》「スピニングウィップ」で相手に90ダメージ+こんらんを与えつつ、山札に戻って、代わりに《リーリエのピッピ人形》をバトル場に出してサイドを取らせないデッキです。

《コジョンド》やついているカードはすべて山札に戻るので、《コジョンド》を呼びだされて倒されるという心配がありません。

また、「スピニングウィップ」には2エネが必要なのですが、[れんげき]のポケモンに対応している《れんげきエネルギー》のおかげで、その1枚でワザを撃つことができます。

《れんげきエネルギー》《コジョンド》のワザの効果で戻ってくれるので、4枚ともトラッシュにいってしまうという状況が極端に生まれにくくなります。

ワザを撃ったあとに出すポケモンとして、中心となるのは《リーリエのピッピ人形》なのですが、相手が非V・GXのたねで特性を使ってくるなら《エンペルトV》、ポケモンVMAXなら《ザマゼンタV》と、それぞれ特性で対応できると思い、1枚ずつ採用しました。

《リーリエのピッピ人形》が倒されたとしてもサイドは取られず、しかも《オドリドリGX》の特性「たむけのまい」は発動できるので、手札に《コジョンド》に必要なパーツが揃っていない場合は、《エンペルトV》《ザマゼンタV》で相手の攻撃を鈍らせるよりも、あえて《リーリエのピッピ人形》を倒させるという動きもいいかもしれません。

このデッキは常に山札に戻ってしまう《コジョンド》とは別に《コジョンド》を場に用意しなければならず、進化が毎ターンうまくいかない時が絶対に発生すると思い、そこへの対策として《マスタードれんげきのかた》を入れました。

このサポートによってトラッシュの《コジョンド》をいきなり出せるので、意表を突いた攻めができるはずです。

《れんげきエネルギー》での攻撃だと「スピニングウィップ」は90で止まるのですが、それだけでは相手の高HPポケモンを倒すのに時間がかかりすぎるので、《格闘道場》《くろおび》そして基本闘エネルギーを採用することで、1エネでワザを撃ちつつダメージアップも狙えるようにしました。

攻撃回数が多くなるデッキですが、《コジョンド》が倒されないという強みを活かして、どんどん攻撃していきたいデッキです!

そのほかに採用したかったカード

パラセクト

《コジョンド》のワザで相手をこんらんにできるので、そこに特性「パニックほうし」を与えることでダメカンをさらに乗せられると思ったのですが、ベンチスペースが厳しくなるのと、仮にダメカンを乗せていったとして、90→40(ポケモンチェック往復ぶん)=130と1回で130というのはそれほど圏内に入れられる相手がいないんじゃないかと思い、採用を見送りました。

ガラル鉱山

相手をこんらんにしたあと、逃げにくくするために採用を考えましたが、こちらの《エンペルトV》《ザマゼンタV》にも影響してしまうので、今回はダメージアップを狙える《格闘道場》を優先しました。

オクタン

《コジョンド》と同じ拡張パック『連撃マスター』に収録されているポケモンです。

このポケモンがベンチにいることで、山札に戻った《コジョンド》《れんげきエネルギー》を、特性「れんげきサーチ」で確実に持ってこれると考えましたが、複数匹いても特性は1ターンに1回、そしてやはりベンチスペースが妖しかったので、採用しませんでした。

エネルギーを剥がすカード

こちらがチクチク攻撃している間に何度も攻撃されてしまうので、それを防ぐために《クラッシュハンマー》《うねりの扇》といったカードを採用を考えました。

正直、ここは枠があれば入れてみたかったので、その場合は基本闘エネルギーや《ポケモン通信》あたりが減ってくるのかなと思います。

コジョンド/リーリエのピッピ人形デッキの弱点

このデッキにはかなり致命的な弱点があります。それは、

《コジョンド》がワザを使ったあと、ベンチに1匹しかいない《コジョフー》or《コジョンド》を狙われると、次の番「スピニングウィップ」が撃てなくなる。

という点です。

ワザを使った《コジョンド》は山札に戻ってしまうので、ベンチに《コジョフー》or《コジョンド》がいることが連続攻撃の前提となるのですが、そこを《ボスの指令》で狙われると、途端にプランが崩れます。

ベンチに2匹置いておこうとしても、そもそも4枚ずつしか入っていないので安定させるのは難しく、《メタモン♢プリズムスター》はレギュ落ちしてしまうので入れることができません。

相手は必ずこの弱点を突いてくるので、そこへの対策ができればいいのですが、今回の構築ではなかなか難しいです。

一応形としてデッキを作ってみましたが、また対策が浮かんだ際にはデッキを改造してみようと思います。

コジョンド/リーリエのピッピ人形デッキの関連商品

拡張パック『連撃マスター』

拡張パック『連撃マスター』

この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

11月20日発売「シャイニースターV」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド ハイクラスパック シャイニースターV BOX