予約受付中!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド ハイクラスパック シャイニースターV BOX
カード対策

【カード対策】クワガノンVのグッズロックを早く何とかしないといけない!【ポケカ】

ポケモンカードゲーム強化拡張パック『爆炎ウォーカー』で発表された《クワガノンV》

そしてその《クワガノンV》には「パラライズボルト」というグッズロックワザが搭載されています・・・

みなさん、《ガマゲロゲEX》、覚えてますか?

覚えているみなさんも、まだ知らないみなさんも、とりあえず《クワガノンV》はどうにかしなければいけないという気持ちで、読んでみてください。

  • クワガノンVの恐ろしさを知りたい
  • 主要カードの解説
  • 関連デッキは?

この記事で全て解決!

XY時代のグッズロック代表、ガマゲロゲEX!

XY3の拡張パック『ライジングフィスト』で登場した《ガマゲロゲEX》

《ガマゲロゲEX》「ブルブルパンチ」はダメージは30と少ない物の、相手にグッズを使わせないグッズロックを追加効果としていました。

これがとにかく強く、グッズロックに加えて《クラッシュハンマー》などでエネ破壊をしたり、《どくさいみん光線》でどく・ねむりにしたり、《ジュナイパーGX》でよりダメカンを乗せていったり、《ヘッドノイザー》で攻撃ペースを一気に遅らせたりと、一度回り始めると相手は何もできず、この時期の《ガマゲロゲEX》は全ポケカプレイヤーのイライラを一心に受けていたポケモンだと思います。

当時あった《ダブル無色エネルギー》で簡単にワザを撃ち始められたという点も、イライラと同時に超強力なポケモンであった理由でした。

この時期を潜り抜けてきた人たちのメンタルはとんでもないレベルに達していると思っています笑

ちなみにその時のことを書いた記事がこちら↓

「ゲロゲよりマシか。」でストレス解消!《ガマゲロゲEX》 突然なのですが、自分がイライラしたりストレスがたまった時には「ガマゲロゲEX」を思い出すようにしています。 この子を思い出すと...

ですが今回、それを超えていくであろうポケモンが現れました・・・

それが《クワガノンV》です。

クワガノンVのグッズロックは、ガマゲロゲEXより強力!?

ここからは《クワガノンV》《ガマゲロゲEX》を色々と比較してみたいと思います。

ダメージ量ではクワガノンV


《クワガノンV》「パラライズボルト」50。そして《ガマゲロゲEX》「ブルブルパンチ」30なので、《クワガノンV》の方がダメージ量が多いです。

さらにそれだけでなく、雷専用の《エレキパワー》もあるので、それを含めると圧倒的に《クワガノンV》の方がダメージを出していけるのではないでしょうか。

また、HPも《クワガノンV》の方が30も大きくなっていますね。

ワザの出しやすさは、ほぼ互角?

《ガマゲロゲEX》は無色2個、つまり《ダブル無色エネルギー》「ブルブルパンチ」を撃ててしまうので、非常にワザが出しやすくなっています。

一方で《クワガノンV》「パラライズボルト」は雷無という2エネなので、少しワザを出しにくい・・・・・・と思うのですが、

《サンダーマウンテン♢プリズムスター》+エネ1枚手貼り(→《グズマ&ハラ》さえあれば、その時点で可能)
《カプ・コケコ♢プリズムスター》の特性を利用して雷エネ加速+エネ1枚手貼り
《ムウマージ》の特性で相手にサイドを取らせて、《カウンターゲイン》+雷エネ1枚手貼り

といったように、めちゃめちゃ色々な方法があります。

どちらにしても後攻1ターン目からワザを撃つことが可能なので、もしかしたら《クワガノンV》の方がワザの出しやすさは上・・・?

グッズロック+ロックできるカードのデッキパワーはガマゲロゲEXの方が豊富

《ガマゲロゲEX》は戦術として、
《ヘッドノイザー》+エネ破壊カードで徹底的にワザを撃たせない。
《ムンナ》の特性で眠らせて、攻撃させない。
《どくさいみん光線》+《タチワキシティジム》で眠らせながらダメージアップ
《クロバット》《ジュナイパーGX》の特性でダメカンをどんどん乗せていく。

という様に、とにかくロックできるカードが豊富でした。

それに対して《クワガノンV》の相性が良さそうなカードは、
《クラッシュハンマー》《エール団のしたっぱ》といったエネ妨害カード
・ダメカンを乗せるとしたら、《アップリュー》《ガラルジグザグマ》辺り

メジャーに使えそうなカードと言ったらこのカードたち、かな?

細かく言えばもう少しあるとは思いますが、グッズロックと相性がよく、なおかつカード自体が強いということになると、《ガマゲロゲEX》時代の方が多そうです。

この点は助かったと言えますね・・・笑

クワガノンV対策!弱点を探してみる!

オトスパスV

1エネ「がんじがらめ」で、弱点を突きつつ《クワガノンV》にワザを使えなくさせます。

さらに「ムーンサルトプレス」なら一撃なので、《クワガノンV》にとっては一番の強敵だと思います。

ですが、《オトスパスV》自体ほかのカードに有利を取れるかと言ったら微妙で、特に環境に《ドラパルトVMAX》にはかなり不利なので、しっかりした構築が必要になりそうです。

きとうしを採用する

《きとうし》を使うことで、《クワガノンV》「パラライズボルト」でのグッズロックは無くすことができます。

かなり有効かと思いますが、これもやはりほかの環境上位の相手に使うことは少なく、しかも1ターンしかグッズロックの解除ができません。

これを4枚入れるのも違うと思いますし、すんなり採用とはいかないような気がします。

速攻でクワガノンVを倒せる闘ポケモンたち

《オトスパスV》以外に、一撃で《クワガノンV》を倒せる闘ポケモンを集めてみました。

ポイントとしては、エネ破壊をされても大丈夫なようにエネ1個で倒せること。(例外アリ)

ほかの環境デッキのことは考えず、純粋に対《クワガノンV》として紹介しています。

タイレーツ


ベンチに《タイレーツ》《タイレーツV》が4匹いれば、《ツインエネルギー》1個での「チームアタック」で倒すことができます。

たねポケモン、1エネ(ツインエネルギー)で倒せる1番お手軽なポケモンだと思います。

ドリュウズ

1進化、1エネで撃てる「ドリルバズーカ」《クワガノンV》を一撃!

ワザの効果として山札を上から4枚トラッシュしてしまいますが、どうせグッズロックを受けたら使えない可能性があるんですし、どうってことないです笑

フライゴンGX


2進化なので攻撃まではどうしても時間がかかってしまいますが、《ビブラーバ》から《レッド&グリーン》を使うことで、進化に加えて2エネ加速、そして手貼りで一気に攻撃することができます。

マッシブーン

サイド枚数による条件がありますが、1エネ「スレッジハンマー」で一撃で倒すことができます。

アーマルド

《ツインエネルギー》1個で撃てる「エンシャントブラスト」で、《なぞの化石》が2枚トラッシュされていれば《クワガノンV》を倒せます。

2進化、そして《なぞの化石》をトラッシュするのがグッズロックの状態で安定するのかがあやしいです。

ジガルデ

特性「セルカンパニー」を活かして、ベンチに《ジガルデ》3枚、そして《ディアンシー♢プリズムスター》、さらに《格闘道場》まであれば、1エネ「ブーストファング」で倒すことができます。

ん~~、これは条件がかなり厳しいかもしれません。

ケケンカニ

自分の場のポケモンが相手よりも2匹少なければ、「ファイトアローン」で一撃です。

ただ、これを見た瞬間に《クワガノンV》側に、ベンチを管理されちゃいそうですね(;^_^A

リザードンVMAXの超火力で倒す!

もう弱点なんて関係ない!

手貼りして《溶接工》でエネ加速して、次の番で《トリプル加速エネルギー》貼って「キョダイゴクエン」300ダメージ!!

ここまでグッズの仕様無し!

こんな強引な方法でも突破できちゃうのが、《リザードンVMAX》の強さではないでしょうか♪笑

クワガノンV対策のまとめ

グッズロックというのはひじょ~~~~に強力で、対策をしていないと10回やって10回勝てませんし、もし《クワガノンV》が流行れば環境ごとガラッと変わってしまうはずです。

かつての《ガマゲロゲEX》環境では、ゲロゲ以上にぶん回せる《MレックウザEX》で高火力で攻めるか、ゲロゲ同士グッズロックを押し付け合うかという対戦でした。
自分は《ライボルトEX》とか《コバルオンEX》で対策してた、かな?

対策できていたかどうかは・・・・・・(._.)

とりあえず自分から言えることは、ストレスたまりすぎて爆発しないようにしてください!だけです!笑

あと、きっとまだ対策方法はあると思うので、それを考えるもいいですし、《クワガノンV》の超強いデッキが思いつくならむしろ使う側に回って連勝しまくっちゃいましょう♪

関連デッキレシピ一覧

ポケモンカードゲーム ソード&シールド 強化拡張パック 「爆炎ウォーカー」 BOX

この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

11月20日発売「シャイニースターV」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド ハイクラスパック シャイニースターV BOX