予約受付中!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 一撃マスター(2021年1月22日発売予定)
ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 連撃マスター(2021年1月22日発売予定)
デッキレシピ

《ドリームリーグ》シルヴァディGX/ムサシとコジロウデッキレシピ《ディスクリロード》

今回ポケカードラボでは、《シルヴァディGX/ムサシとコジロウ》のデッキレシピとその戦い方について紹介していきます。

《2019年版》最新!環境トップデッキレシピ!!

シルヴァディGX/ムサシとコジロウデッキレシピ



デッキのコンセプト

step1:「マーシャドー」などで手札を減らしつつ、「シルヴァディGX」を立てて手札を補充!

step2:「ムサシとコジロウ」と「マタドガス」で相手の手札を一気に無くして、事故らせて攻めていく!

重要なカードと採用理由

シルヴァディGX 4-4


特性「ディスクリロード」で手札を5枚にできるので、「ムサシとコジロウ」で手札を消費してもすぐに手札を補充できます。

「バディブレイブ」では最大120ダメージしか出せないので、1発の威力は弱いデッキなのですが、「ムサシとコジロウ」と特性を活かして相手を思いっきり事故らせるデッキなので、そのコンセプトをずらさずに60枚を仕上げてみました。

ムサシとコジロウ/マタドガス 4/4

このコンボが決まれば、相手の手札を一気に4枚も消費させることができます。

これで相手の手札を無くして、事故らせた状態で攻めていくのがこのデッキの一番の目的です。

マーシャドー 3

特性「やぶれかぶれ」でおたがいの手札を4枚にします。

初ターンに使えば相手の手札を減らせ、中盤はうまくいけば「ムサシとコジロウ」で一気に手札を0枚にできます。

こちらも手札は4枚になってしまうのですが、それでも手札事故を起こさないように「シルヴァディGX」「カプ・テテフGX」を多めに採用しています。

無人発電所 2

このスタジアムを出すことで、こちらの「シルヴァディGX」や「カプ・テテフGX」の特性も止まってしまうのですが、それ以上に相手の展開をさせたくないので2枚採用しました。

基本的に使うことは少ないと思いますが、相手の「ゾロアークGX」や他の特性持ちのGXポケモンで展開されないようにあえて出して、自分が特性を使いたい時は「マーシャドー」の特性で壊して展開する、という形を狙っています。

シルヴァディGX/ムサシとコジロウデッキの戦い方

序盤

理想は「マーシャドー」で相手の手札を減らして、こちらが「シルヴァディGX」を立てることです。

初ターンで「マーシャドー」の特性を使えれば間違いなく相手の手札は減るので、いきなり手札事故にさせることもできます。

「マーシャドー」で相手を事故らせつつ「シルヴァディGX」を立てよう!

中盤

「マタドガス」と「ムサシとコジロウ」のコンボで相手の手札を一気に無くして、「シルヴァディGX」で攻撃をしていきましょう。

相手の手札が1枚の時は「マーズ」でトラッシュさせるのもいいですね。

「ムサシとコジロウ」で相手の手札を0にして、「シルヴァディGX」でひたすら攻撃!

終盤

やることは中盤以降と変わらず、相手の手札を絶対に補充させないようにして「シルヴァディGX」で攻め続けましょう。

「シルヴァディGX」で攻撃を続け、相手の手札をずっと事故らせ続けて勝とう!

 

全体を通して

「ムサシとコジロウ」はゾロアーク型、グレイシア型と色々あったのですが、今回はせっかくなので『ドリームリーグ』の「シルヴァディGX」を使ったデッキを作ってみました。

「ムサシとコジロウ」「マーズ」といったサポートを使い続けるので、「バディブレイブ」とも相性がいいかと思います。

ただし、ダメージが120、2発でも240なので、今の環境にいるタッグチームを2発でも倒すことができないというのが一番の課題です。

もしかしたら、「マーズ」で1枚相手の手札を削るよりかは、「ククイ博士」や色々なタイプのメモリを入れて、少し攻撃重視にしてもいいのかもしれません。

あと、「無人発電所」はかなーーーーりリスキーな採用の仕方なのですが、どうしても相手のGXポケモンの特性を止めて展開させないようにしたかったので、組み込んでみました。

《ドリームリーグ》ネイティオ/カラマネロデッキレシピ《ポケカ》 今回ポケカードラボでは、《ネイティオ/カラマネロ》のデッキレシピとその戦い方について紹介していきます。 ...
この記事が気に入ったらフォローしてね♪
11月20日発売「シャイニースターV」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
ポケモンカードゲーム ソード&シールド ハイクラスパック シャイニースターV BOX