予約受付中!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット
カード考察

【詰めポケカ】シャンデラデッキ!1ターン詰め【ポケカ】


今回ポケカードラボでは、《シャンデラ》を使った詰めポケカを紹介していこうと思います。


ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。

  • デッキの使い方を知りたい
  • 主要カードの解説
  • 関連デッキは?

この記事で全て解決!

詰めポケカとは?

元々は『詰将棋』から名前を取っています。

詰将棋というのは、駒が配置された将棋の局面から王手の連続で相手の玉将を詰めるパズルで、指し将棋の終盤力を磨くための練習問題として位置づけられているものです(wikipedia参照)

ようするに、すでに決められた盤面・駒の配置から相手を詰ませて勝つ方法を見つけるパズルということですね。

『詰めポケカ』というのはそこからちょっと勝手に派生させて、

【決められた盤面・手札・山札・トラッシュから、確実に勝利になるプレイングを見つけるゲーム】

という感じで覚えて頂ければ誤解はないかと思います♪

盤面をチェック!

盤面

最初の盤面はこのようになっています。

相手のバトル場には《ピカチュウ&ゼクロムGX》、そしてベンチには《デデンネGX》

一方こちらはバトル場に《ヤレユータン》、ベンチには《ガオガエン》と、この番の最初に特性「トップエントリー」でベンチに出た《ランプラー》がいます。

ではこの盤面から、この番でサイドを取り切って勝利してみてください。

キーカード

今回のキーカードは、《シャンデラ》《やみのいし》《スマホロトム》《ヤレユータン》辺りでしょうか!

回答!

それではここからはこの盤面の回答となります。

スマホロトムでフィオネを山札のトップに!

まず先にこちらが最高でどれだけダメージを出せるのか計算してみます。

《シャンデラ》に進化したとして、山札のポケモンは2枚、そしてベンチの《ガオガエン》の特性「ストロングエール」で+30ダメージされます。

つまり、《ソウルバーナー》10+120(60×2枚)+30(ストロングエール)=160ダメージ

となり、この時点でこちらの狙いはピカゼクではなく《デデンネGX》だということが分かってきます。

しかし今の状況ではベンチにいる《デデンネGX》をバトル場に引っ張り出してこなければいけないので、まずは《スマホロトム》《フィオネ》を山札のトップに持ってきて、

盤面

《ヤレユータン》の特性「さるぢえ」で手札の《シャンデラ》と山札の《フィオネ》を入れ替えます。

盤面

あとは《フィオネ》をベンチに出して特性「ひきよせのうず」を使い、《デデンネGX》をバトル場に呼び出します。

盤面

やみのいしでシャンデラに進化して攻撃!

《シャンデラ》は手札から進化はできませんが、《やみのいし》を使うことによって速攻で進化ができます。

わざと山札に戻したのはこのためで、あとは炎エネを貼ってバトル場に出て「ソウルバーナー」

ちょうど《フィオネ》も山札に戻ってくれたので、山札のポケモンは2枚になり、ピッタリ《デデンネGX》を倒すことができます。

盤面

特性「トップエントリー」《スマホロトム》の組み合わせを、今回は詰めポケカにしてみました♪

関連デッキレシピ一覧

今回紹介したカードはポケモンカード強化パック「反逆クラッシュ」に収録されています。

ポケモンカードゲーム ソード&シールド 拡張パック 「反逆クラッシュ」 BOX


この記事が気に入ったらフォローしてね♪

 

7月10日発売「伝説の鼓動」 BOX 予約受付中!
Amazonなら送料無料!
伝説の鼓動 ポケモンカードゲームジムセット